(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

ろうきんからの借金は債務整理できる?職場にはバレる?

司法書士とパラリーガル

「ろうきんからの借金は債務整理できる?」
「ろうきんの借金を債務整理すると会社にバレる!?」

「ろうきん」は会社の労働組合や生協などが作った金融機関で、非営利なため低金利なローンを展開しています。

そのため、「ろうきん」のローンを利用されている方は非常に多いです。

しかし、他のカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)からの借金などと重なり、返済ができなくなる方もいらっしゃいます。

「ろうきん」は会社が窓口になっていることもあり、会社にバレる可能性や、そもそも債務整理できるのかについても心配なところでしょう。

今回は、「ろうきん」の借金は債務整理できるか、また会社にバレないのか説明します。

「ろうきん」とは

まずは、「ろうきん」の特徴について説明します。

低金利なローンを展開する「ろうきん」

「ろうきん」とは、労働組合や生協などが出資して設立した、協同組織の金融機関になります。

古くは第二次世界大戦後の1950年に、労働者のための銀行である「労働金庫」が設立されたことがはじまりです。

ちなみに、「ろうきん」は「労働金庫」の略称になります。

「ろうきん」は、一般の銀行や消費者金融とは異なる非営利の金融機関であるため、低金利な金融商品を展開していることが大きな特徴です。

たとえば、「中央ろうきん」のフリーローンの金利は以下のようになっています。

  • 団体会員の構成員:変動金利5.825%/年、固定金利7.000%/年 
  • 生協会員の組合員および同一生計家族:変動金利6.105%/年、固定金利7.280%/年 
  • 一般の勤労者:変動金利6.325%/年、固定金利7.500%/年 

(2020年6月1日現在)

全国の「ろうきん」は独自運営

全国には13の「ろうきん」があり、「一般社団法人全国労働金庫協会」を構成することで 労働金庫の系統中央機関として、業態を代表する資金決済や労働金庫内国為替制度などの運用を行っています。

中でも最大規模の「中央ろうきん」は、「茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨」の関東1都7県が営業エリアです。

このエリア内に住んでいるか働いている方であれば、誰でも「中央ろうきん」を利用することができます。

ただし、全国13の「ろうきん」は、それぞれ独自の運営を行っています。

したがって、提供されるサービスにも違いがあるので、注意が必要です。

よって、ローンを利用する際、保証会社も「ろうきん」によって異なります。

よって、「ろうきん」の借金を債務整理(借金問題を抱える方の法的救済を目的に国が作った制度)する場合には、弁護士や司法書士と相談して、利用している「ろうきん」のルールに合った対策を打つようにしましょう。

債務整理する前にまず「ろうきん」に相談

「ろうきん」は労働者のために設立された非営利な金融機関です。

そのため、やむを得ない事情によって借金の返済が困難になった場合には、他のカード会社よりも柔軟に対応してくれます。

「ろうきん」の勤労者生活支援特別融資制度とは

「ろうきん」では、リストラや給料カットといった職場側の都合によって借金の返済が厳しくなった方が、返済条件の見直しを行える「勤労者生活支援特別融資制度」と呼ばれる制度があります。

なお、勤労者生活支援特別融資制度には、以下のようなものが準備されています。

  • 返済額の減額(月次、ボーナス払い)
  • 最長5年まで「元金据え置き(利息だけを返済することで負担を下げること)」
  • 返済条件の変更(返済頻度、ボーナス返済の残高割合の変更など)

勤労者生活支援特別融資制度を利用して柔軟に返済条件を変更できれば、無理なく返済していける可能性が高くなります。

しかし、勤労者生活支援特別融資制度を使っても借金を返済していける見込みがない方は、債務整理を検討する必要があるでしょう。

「ろうきん」の借金を債務整理することは可能か? 

「ろうきん」は会社とのつながりが深いので、債務整理を躊躇される方が非常に多いです。

実際に、「ろうきん」からの借金を債務整理しようとするとどうなるのか説明します。

「ろうきん」の借金は債務整理できる

「ろうきん」からの借金も他のカード会社の借金と同じように債務整理することが可能です。

そのため、「ろうきん」の借金返済ができない状態になった場合には、「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」といった各種手続きを行うことができます。

各債務整理について、簡単に説明するので、あなたの借金状況などに合った適切な手続きを行うようにしましょう。

  • 任意整理

「任意整理」とはカード会社に任意の交渉に応じてもらい、完済までの利息発生と遅延時に発生する罰金の発生をストップして、残った借金を3年~5年の分割払いで合意する債務整理です。

よって、任意整理のメリットは、「借金の増加を抑えて返済期間を延ばすことで返済時の負担を下げること」だといえるでしょう。

  • 個人再生

「個人再生」とは裁判所に申し立てすることで借金を大幅に減額して、残った借金を原則3年間で返済できれば、完済扱いにしてもらえる債務整理です。また、個人再生では「住宅ローン特則」

という制度が利用できるため、住宅ローンを返済中の家を手元に残しながら借金を減額してもらうことも可能です。

個人再生すると、借金の元本が1/5~1/10程度まで減額されますので、任意整理では返済できない多額の借金でも返済しいける可能性が高くなります。

ただし、個人再生の対象になる借金は、5,000万円以下です。

  • 自己破産

「自己破産」とは、簡単に説明すると「財産を失う代わりに借金がチャラになる債務整理」といえるでしょう。

自己破産では、申し立て人が保有する財産を清算してカード会社に配当する「破産」と、借金が「支払い不能状態」とみなされることで裁判所に借金の返済義務を免除してもらえる「免責」という2つの手続きが行われます。

自己破産のメリットは、借金問題が根本的に解決する点です。

ただし、「ろうきん」から借金をしているサラリーマンには収入があることが普通なので、裁判所に「支払い不能状態」と認められる可能性が低くなる可能性が高いので注意しましょう。

「ろうきん」の借金を債務整理すると会社にバレるのか?

「ろうきん」からの借金の返済方法は、会社の給与から「給与天引き」されることが一般的です。

このあたりは、他のカード会社の借金返済方法がカード決済や口座からの引き落としになっている点と、大きく違う点だといえるでしょう。

そのため、「ろうきん」からの借金を債務整理すると、「ろうきん」から職場に「給与天引き停止」の通知が送付されます。

したがって、「ろうきん」からの借金を債務整理の対象にすると、職場にバレる可能性が高いのです。

ただし、「給与天引き停止」の理由を職場に伝わるかどうかについては、「ろうきん」と職場との取り決めによりますので、絶対にバレるというわけではありません。

また、債務整理の手続きを依頼する弁護士や司法書士経由で、「給与天引き停止の理由を開示しない」旨を伝えることも可能です。

よって、債務整理したことが会社にバレたくない方は、事前に必ず債務整理の手続きをお願いする弁護士や司法書士に伝えておくようにしましょう。

しかしながら、「ろうきん」からの借金を「給与天引き停止」したこと自体を職場に内緒にすることはできないので、「何かあったな」と疑われる可能性がある点については理解しておいてください。

「ろうきん」からの借金を任意整理するのは微妙!?

「ろうきん」からの借金は、「金利が低い」点が最大のメリットであると説明しましたが、いっぽうで「任意整理」のメリットも利息をカットすることです。

したがって、そもそも利息がそれほど発生しない「ろうきん」からの借金を任意整理しても、それほど大きなメリットがないともいえるでしょう。

たとえば、一般的な消費者金融からの借金が100万円ある方が任意整理すると、以下のような試算になります。

  • 3年間(36回払い)の場合
    └毎月の返済額:36,152円→約27,778円  
    └利息:301,486円→0円
    (年利実質18%)

いっぽう、「ろうきん」からの借金で同じように試算すると、

  • 3年間(36回払い)の場合
    └毎月の返済額:約30,877円→約27,778円  
    └利息:111,575円→0円
    (年利実質7%)

ということで、毎月の返済額がわずか3,000円程度低くなるだけです。

任意整理では借金の元本自体は減額されないため、利息が少ない場合には減額率も低くなります。

ただし、「任意整理」には、分割払いにすることで返済時の負担を減らせるというメリットもあるため、任意整理でも借金問題を解決できるケースもあるでしょう。

とはいえ、「ろうきん」からの借金が返済できなくなった方の多くは、その他にも借金をしている「多重債務」状態の方がほとんどです。

つまり、「ろうきん」からの借金だけが返済不能になっているのではなく、そもそもの借金額自体が多いことが問題といえます。

借金額が多い方が任意整理しても、返済額も多くなるので借金問題を解決することは難しいでしょう。

よって、そのような方は任意整理ではなく、個人再生や自己破産で債務整理を行うのがおすすめです。

個人再生、自己破産の際は偏頗弁済に注意

「ろうきん」からの借金を個人再生や自己破産する場合には、「偏頗弁済(へんぱべんさい)」にならないか注意する必要があります。

裁判所を介する債務整理である個人再生や自己破産には、「債権者平等の原則」と呼ばれる「すべてのカード会社を平等に扱う」というルールがあるため、一部のカード会社の借金だけを優先的に返済する行為である偏頗弁済は禁止行為です。

先ほど、説明した通り、「ろうきん」からの借金を債務整理すると「給与天引き停止」の通知が送付され、それ以降給与から借金が返済されることはなくなります。

しかし、送付のタイミングによっては、自己破産の手続きを準備していたり、手続き期間中に給与天引きが実施されたりする場合があるのです。

つまり、「ろうきん」からの借金だけを優先的に返済している状況になります。

こうなると、個人再生、自己破産において以下のようなデメリットが発生する可能性があります。

  • 個人再生:他のカード会社にも同額の返済を追加で行う必要がある
  • 自己破産:「免責不許可事由」として扱われ、最悪の場合、自己破産しても免責が認められなくなる可能性がある

したがって、「ろうきん」から借金のある方が個人再生や自己破産する場合には、必ず弁護士や司法書士に相談して、その指示にしたがうようにしましょう。

まとめ

  • 「ろうきん」からの借金は債務整理することが可能
  • 「ろうきん」からの借金を債務整理すると職場にバレる可能性が高い
    └弁護士、司法書士に債務整理を依頼することでリスクを減らせる
  • 債務整理する前には、まず「ろうきん」に相談して勤労者生活支援特別融資制度を使って問題解決できないか検討するべき
  • 「ろうきん」からの借金は利率が低いので、任意整理ではメリットが少ない
  • 「ろうきん」からの借金を個人再生、自己破産する場合は偏頗弁済にならないように注意

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号