(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

借金を債務整理したときの連帯保証人への影響は?   

司法書士とパラリーガル

「債務整理したときの連帯保証人への影響は?」
「保証人付きの借金を債務整理すると連帯保証人はどうなる?」

よく「保証人には絶対になるな!」といいますが、家族や知り合いに頼み込まれて、つい借金の連帯保証人になってしまった方もいるでしょう。

保証人付きの借金は、借り主が返済不能になると連帯保証人に借金の返済義務が移行するため、リスクが非常に高い点が特徴です。

ところで、リストラや病気など、やむを得ない状況により借金が返済できなくなり、保証人付きの借金を債務整理する場合、連帯保証人に迷惑をかけることになるのでしょうか。

今回は、保証人付きの借金を債務整理すると、連帯保証人にどのような影響があるのか説明します。

連帯保証人とは

保証人には、「保証人」と「連帯保証人」の2種類に分けられます。

ざっくり言うと、連帯保証人のほうが保証人よりも責任が重いです。

保証人付きの借金の基本的な仕組み

通常、借金をする場合には、お金を貸す「貸し主」とお金を借りる「借り主」の間で「金銭消費貸借契約」という契約を結びます。

簡単に言えば、「お金を貸します、借ります」という契約に合意するわけです。

さらに、保証人付きの借金の場合には、これに加えて保証人、または連帯保証人を含め「保証契約」が結ばれます。

つまり、「貸し主と借り主の契約について、保証人や連帯保証人になる」という契約を結ぶわけです。

とはいえ、借り主がきちんと借金を返済していけば、保証人や連帯保証人には一切影響はありません。

ただし、借り主が借金を返済できなくなった場合には、貸し主が保証人や連帯保証人に請求することになります。

したがって、借り主が借金を返済できなくなった際、支払いを肩代わりするのが保証人や連帯保証人の役割です。

場合によっては、残額を一括返済して欲しいと打診されることもあります。

しかし、保証契約があるため、保証人や連帯保証人に拒否権はありません。

なお、保証人や連帯保証人が借金を肩代わりした後、もともとの借り主に対して支払ったお金を請求する権利があります。これが「求償権の行使」と呼ばれるものです。

保証人と連帯保証人の違い

保証人付きの借金の仕組みが理解できたところで、次は、「保証人」と「連帯保証人」の違いについて説明します。

まず、保証人には「催告の抗弁権」(さいこくのこうべんけん)がありますが、連帯保証人にはありません。

催告の抗弁権とは、貸し主が連帯保証人に請求してきた場合に、「先に借り主に請求してください」といえる権利のことです。

つまり、催告の抗弁権がないということは、貸し主がいきなり連帯保証人に借金の返済を請求してきた場合でも、拒めないということになります。

次に、保証人には「検索の抗弁権」がありますが、連帯保証人にはないという点です。

検索の抗弁権とは、貸し主が連帯保証人の保有する財産に差押えなどをかけた場合に、「借り主も財産を保有しているのだから、そちらを回収してください」といえる権利になります。

よって、検索の抗弁権がないということは、貸し主がいきなり連帯保証人の財産を差し押さえた場合でも、拒否できないということです。

したがって、連帯保証人になることは、借金の借り主と同レベルの責務を負うということになります。

しかも、連帯保証人には、借り主のようにお金が手元に入るわけではないので、何一つメリットがありません。

このことからも、連帯保証人になることが、どれほど恐ろしいことか分かってもらえるでしょう。

ちなみに、現在ではカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から保証人付きの借金をする場合には、連帯保証人が必須となっています。

そのため、保証人でOKという保証人付きの借金は、ほぼありません。

保証人付きの借金を債務整理した場合の連帯保証人への影響

連帯保証人になると借金の借り主と同じ責任を負うことになるため、保証人付きの借金が債務整理の対象になった場合、連帯保証人が無事に済むはずはありません。

債務整理とは

「債務整理」とは借金で首が回らなくなり生活が苦しくなった方を、法的に救済することを目的に国が作った制度です。

借金を返済するために、別のカード会社から借金をする「多重債務」に陥っている方は、生活を元の状態に戻すことが非常に困難なため、そのような方を経済的に救うために債務整理が整備されました。

債務整理には「任意整理」、「個人再生」、「自己破産」といった手続きがあり、日本国民であれば原則として誰でも利用できます。

債務整理による連帯保証人への影響

保証人付きの借金を債務整理の対象にすると、連帯保証人に借金の返済義務が移行します。

よって、連帯保証人に多大な迷惑をかけることになるでしょう。

場合によっては、連帯保証人に対して、借金の残りを一括返済するように要求される場合もあります。

したがって、保証人付きの借金を債務整理の対象にする場合には、事前に連帯保証人になってくれた方に事情を説明しておくことが必須です。

連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理する方法

債務整理のやり方によっては、連帯保証人に迷惑をかけない方法もあります。

任意整理なら連帯保証人に迷惑がかからない

「任意整理」とは、カード会社に任意の交渉に応じてもらい、「将来利息(今から借金完済時までに発生する利息)」と「遅延損害金(借金滞納時に発生するペナルティ)をカットして、残った借金を3年~5年間、つまり36回~60回の分割払いにすることで合意する債務整理のことです。

つまり、任意整理すると、利息などによって借金が増えることを抑え、支払い期限を延ばすことで返済時の負担を下げられます。

また、任意整理は整理対象の借金を自由に選択することが可能です。

つまり、保証人付きの借金を任意整理の対象から除外して、その他の借金だけで債務整理することができます。

よって、その他の借金を任意整理することで返済の負担を下げ、保証人付きの借金と並行して支払っていければ、連帯保証人になってくれた方に迷惑をかけることはありません。

個人再生や自己破産の場合は連帯保証人に迷惑がかかる

保証人付きの借金を個人再生や自己破産した場合には、残念ながら連帯保証人になってくれた方に多大な迷惑をかけることになります。

「個人再生」とは、裁判所に申し立てすることで借金を大幅減額してもらい、残った借金を原則3年間で返済できれば完済扱いにしてもらえる債務整理です。

いっぽう、「自己破産」とは、財産を清算してカード会社に配当する「破産」と、借金が返済不能状態と認められることで裁判所に借金をチャラにしてもらえる「免責」という2つの手続きを行う債務整理になります。

裁判所を介する個人再生と自己破産には、「債権者平等の原則」というルールがあり、すべてのカード会社を平等に扱う必要があります。

つまり、任意整理のように保証人付きの借金のみ除外して、その他の借金だけで債務整理することができません。

したがって、保証人付きの借金を個人再生や自己破産すると、連帯保証人になってくれた方に多大な迷惑をかけることになるので、必ず事前に事情を説明しておきましょう。

まとめ

  • 保証人や連帯保証人の役割は、借り主が借金を返済できなくなった際、支払いを肩代わりすること
  • 連帯保証人には借金の借り主と同等の責任が発生する
    └保証人には「催告の抗弁権」があるが、連帯保証人にはない
    └保証人には「検索の抗弁権」があるが、連帯保証人にはない
  • 保証人付きの借金を債務整理の対象にすると、連帯保証人に借金の返済義務が移行する
  • 任意整理で保証人付きの借金を整理対象から除外すれば、連帯保証人に迷惑をかけずに債務整理することが可能
  • 保証人付きの借金を個人再生や自己破産にすると、連帯保証人になってくれた方に多大な迷惑をかける

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号