(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

任意整理で信用情報に載る期間は?

司法書士とパラリーガル

「任意整理で信用情報に載る期間は?」
「任意整理が信用情報に与える影響とは?」

任意整理すると借金返済時の悩みの種である利息などの発生を止められるため、これ以上借金が増えることがなくなります。

そのため、毎月の返済負担を抑え、完済の目途も立ちやすくなる点が任意整理のメリットです。

しかし、任意整理すると、信用情報と呼ばれるあなたの信用を確認する際、参照される情報に事故情報として掲載されてしまい、一定期間クレジットカードやローンなどが利用できなくなります。

したがって、これから任意整理される方は、このことを認識しておく必要があるわけです。

そこで今回は、任意整理で信用情報に載る期間などについて説明します。

信用情報とは

信用情報は、我々の生活に関わるさまざまなシーンで使われています。

どんな情報が登録されており、どんなシーンで使われているのか確認しておきましょう。

信用情報に登録されているもの

「信用情報」とは、あなたとカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)

の取引履歴(借金額、支払い状況、契約内容、遅延の有無など)や、住所、氏名、電話番号といった個人情報、債務整理の情報などが記録されたものになります。

ただし、信用情報には、あなたの犯罪歴や人種、思想信条といった情報は記録されず、あくまでもあなたの経済的信用を確認するための情報だけが掲載されているのです。

なお、信用情報は後述する信用情報機関によって収集、管理されており、任意整理するとその事故情報が掲載されます。

信用情報の用途について

カード会社はクレジットカードやローンの審査時に、顧客の信用情報を参照して本当にお金を貸しても大丈夫な相手かどうか判断します。

そのため、信用情報に任意整理の事故情報が載っていると、審査に通過できずクレジットカードやローンの契約を結ぶことができなくなるのです。

信用情報には、普段我々が生活するうえでさまざまな情報が記録されています。

たとえば、クレジットカードの利用履歴や返済状況、スマホ料金の支払い状況や延滞情報、ETCの利用履歴といった情報は信用情報機関によって収集され、あなたの信用情報に記録されているわけです。

なお、信用情報を活用するメリットは、お金を貸すカード会社側だけのものではありません。

お金を借りるあなた自身が複数のカード会社から借金をする「多重債務」状態になるのを防ぐという効果もあります。

信用情報を管理する信用情報機関

信用情報を収集、管理する信用情報機関には3つの機関があり、カード会社はそのいずれかの会員になっています。

信用情報機関とは

「信用情報機関」とは、カード会社と顧客が安心、安全に取引ができるように、信用情報を収集、管理する機関になります。

現在、日本には株式会社シー・アイ・シー(CIC)、株式会社日本信用情報機構(JICC)、全国銀行個人信用情報センター(KSC)という3つの機関があり、会員であるカード会社は信用情報を参照することが可能です。

なお、3つの信用情報機関は、「CRIN (クリン):Credit Information Network」と呼ばれる独自のネットワークでお互いの信用情報を共有しています。

よって、任意整理して信用情報に事故情報が載るとすべてのカード会社にその事実が知られることになり、どのカード会社の審査にも落ちてしまうのです。

株式会社シー・アイ・シー(CIC)

「CIC」は、クレジットカード系の企業が共同出資して設立された信用情報機関です。

そのため、クレディセゾンやアットローン、オリックスといった、クレジットカード系や消費者金融系の会社が主な会員となっています。

日本信用情報機構(JICC)

「JICC」は、消費者金融系の会社が中心となり設立された信用情報機関です。

2009年に株式会社シーシービーという信用情報機関と経営統合したことにより、国内最大級の期間となっています。

そのため、消費者金融系の会社の約8割が加盟している状況です。

主な会員としては、プロミスやアコム、レイクなどが挙げられます。

全国銀行個人信用情報センター(KSC)

「KSC」は、一般社団法人「全国銀行協会」が設立した信用情報機関で、銀行や銀行関連のクレジットカード会社が多く加盟しています。

主な会員としては、三菱UFJ銀行や三井住友銀行、みずほ銀行などです。

任意整理すると信用情報にどんな影響があるのか?

任意整理すると信用情報に事故情報が載ることで、さまざまなデメリットが発生します。

任意整理とは

「任意整理」とは、カード会社に任意の交渉に応じてもらい、借金返済の負担を減らしてもらう債務整理(借金問題を法的に解決するために国が作った制度)です。

具体的には、弁護士や司法書士がカード会社と交渉することで、「将来利息(現在から借金返済時まで発生する利息)」と「遅延損害金(借金滞納時から日割りで発生するペナルティ)」をカットして、残った借金の支払いを3年~5年間(36回~60回)の分割払いで合意します。

これにより、毎月の借金返済の負担が減り、完済への目途が立ちやすくなるのです。

任意整理すると信用情報に5年程度の期間事故情報が載る

任意整理すると信用情報に事故情報として登録され、5年程度の期間はカード会社から新たな借り入れができなくなる、いわゆる「ブラックリストに載る」状態になります。

ブラックリストに載ると、クレジットカードやローンが利用できなくなるなど、さまざまなデメリットがあるので、以下で詳しく説明したいと思います。

任意整理で信用情報に事故情報が載ることで発生するデメリット

任意整理してブラックリストに載ると、以下のようなデメリットが発生します。

クレジットカードの新規発行と利用ができなくなる

任意整理して信用情報に事故情報に載ると、対象になったクレジットカードは強制解約(利用停止)され利用できなくなります。

また、5年程度の期間はクレジットカードの新規発行や更新もできません。

ただし、任意整理では特定の借金を対象から除外することができるため、クレジットカードを外して手続きを行えば、しばらくの間は使うことが可能です。

しかし、カード会社は定期的に顧客の信用情報を確認しているので、任意整理するといずれかのタイミングでクレジットカードは使えなくなります。

なお、クレジットカードが利用できなくなることに付随して、以下のようなサービスも使えなくなる可能性があります。

  • 賃貸物件の家賃支払い
  • ジム利用代金の支払い

そのため、クレジットカード以外の支払い方法への変更や、利用しているサービス自体を変更しなくてはいけなくなる可能性もあるでしょう。

ローンが組めなくなる

任意整理して信用情報に事故情報が載ると、高い確率で審査に落ちるためローンが組めなくなります。

したがって、家を買うために住宅ローンを組んだり、車を買うために自動車ローンを組んだりすることができません。

よって、どうしてもブラックリストの期間中に家や車を購入したい場合は、一括購入するか、あなた以外の第三者名義でローンを組んでもらうしかないでしょう。

分割払いやリボ払いなどができなくなる

任意整理して信用情報に事故情報が載ると、買い物などの際、分割払いやリボ払い、ボーナス払いといった支払い方法が使えなくなります。

そのため、任意整理後5年程度の期間については、買い物は一括払いが基本です。

たとえば、最近はスマホの利用料金を、端末代の分割払いと毎月の利用料金という形で支払っている方が多いと思いますが、任意整理すると端末の分割払いができなくなるのでキャリアから残額を一括請求されます。

また、新しい端末を分割購入することもできなくなるため、一括払いで購入するしかありません。

ローンや奨学金の保証人になれなくなる

任意整理で信用情報に事故情報が載ると、ローンや奨学金の保証人になれなくなります。

なので、子どもが奨学金を申し込みたいと言われた場合でも、あなたが保証人になってあげることができなくなります。

よって、その場合は、他に保証人になってくれる方を探すことが必要です。

任意整理の事故情報はいつ消えるのか?

任意整理しても信用情報から事故情報さえ消えれば、再びカード会社から借り入れできるようになります。

任意整理の事故情報は一定期間で消える

任意整理後、5年程度の期間が過ぎれば、信用情報から事故情報が抹消されるため、再びカード会社から借り入れできるようになります。

したがって、任意整理しても一生クレジットカードやローンが利用できなくなるわけではありません。

再びカード会社から借り入れするときの注意点

任整整理後、5年程度の期間が過ぎて「そろそろクレジットカードでも作ろうかな」と思ったような場合に、気を付けておきたいことがあります。

まず、あなたの信用情報から任意整理の事故情報が確実に消えているか確認しておくことが重要です。

もし、クレジットカードの審査時に事故情報が載っていると、高い確率で審査に落ちてしまいます。

また、それだけでなく、次回の審査にも悪い影響を与えるので、クレジットカードが持てなくなる可能性も出てくるわけです。

したがって、任意整理後にクレジットカードやローンの審査を受ける場合には、必ず自分の信用情報を事前に確認して事故情報の有無を確認しておきましょう。

次に、任意整理の対象になったカード会社からは、新たな借り入れができない可能性が高いです。

カード会社には「社内ブラック」と呼ばれる独自管理の顧客情報があり、あなたが任意整理したという事故情報が半永久的に残ることになります。

そのため、任意整理の対象になったカード会社のクレジットカードやローンの審査を通過するのが困難になるわけです。

また、社内ブラック情報は、そのカード会社のグループ会社にも共有されるため、そちらからの借り入れもできなくなります。

自分の信用情報を開示請求する方法

自分の信用情報を確認したい場合は、信用情報機関に問い合わせればOKです。

信用情報機関は、以下のような方法で信用情報の開示を受け付けています。

  • CIC:受付はホームページ、郵送、窓口
    手数料は郵送1,000円、窓口500円
  • JICC:受付はホームページ、郵送、窓口
    手数料 郵送1,000円、窓口500円
  • KSC:受付は郵送のみ
    送料は1,000円

また、レアケースにはなりますが、信用情報に掲載されている情報が間違っている場合もあります。

たとえば、借金の返済が一度も滞ったことがないのに、なぜか審査に落ちてしまった場合などは、他に心当たりがなければ、信用情報に記録された情報が間違っている可能性があるでしょう。

そのような場合は、信用情報機関に問い合わせて自分の信用情報を確認して見る必要があります。

そのうえで、もし誤った情報が掲載されていた場合は、情報の修正や削除対応を依頼することが可能です。

まとめ

  • 任意整理すると信用情報に5年程度の期間、事故情報として掲載される
    └ただし、任意整理後5年程度の期間が過ぎれば事故情報は抹消される
  • 任意整理で信用情報に事故情報が載りブラックリストに載る状態になると以下のデメリットが発生
    └クレジットカードの利用と新規発行ができなくなる
    └ローンが組めなくなる
    └分割払い、リボ払い、ボーナス払いができなくなる
    └ローンや奨学金の保証人になれなくなる
  • 自分の信用情報を確認したい場合は、信用情報機関に問い合わせればOK

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号