(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

任意整理ができないパターン

司法書士とパラリーガル

「任意整理ができないパターンとは?」
「任意整理できない方とは?」

借金が返済できずに悩んでいる方は、債務整理することをおすすめします。

特に、債務整理の中でも手続きが簡単でスムーズに進む任意整理であれば、早めに借金問題を解決できる可能性が高いでしょう。

しかし、任意整理するためには一定の条件を満たす必要があり、誰でも利用できるというわけではありません。

また、借金をしたカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)側のスタンスや都合などによっても、任意整理できないケースがあります。

そこで今回は、任意整理ができないパターンを紹介するので、債務整理を検討中の方は参考にしてみてください。

任意整理の条件を満たしていないケース

任意整理ができないパターンとしてまず考えられるのが、任意整理をするための条件を満たしていないケースです。

任意整理とは

「任意整理」とはカード会社に“任意”の交渉に応じてもらい、将来利息(現時点から借金完済時まで発生する利息)と遅延損害金(借金滞納時に発生するペナルティ)の発生をストップさせ、残った借金を3年~5年間(36回~60回払い)の分割払いにするよう合意する債務整理です。

つまり、カード会社に借金の分割払いを認めてもらう債務整理ということになります。

任意整理すると毎月の借金返済の負担を減らすことが可能です。

そのため、借金による生活への悪影響を減らし、完済への目途が立ちやすい点が、任意整理のメリットといえます。

任意整理ができない方

任意整理は借金そのものが減額されたり、支払いが免除されたりするわけではありません。

そのため、手続き後に借金の返済が必要です。

よって、任意整理を利用する方には、一定の収入や資産といった借金の返済能力が求められます。

具体的には、将来利息と遅延損害金をカットした残りの借金を3年~5年で返済していける程度の収入や資産の有無によって、任意整理できるかどうかが決まるのです。

たとえば、消費者金融などから借りた100万円の借金を任意整理すると、

 

  • 3年間(36回払い)の場合
    └毎月の返済額:36,152円→約27,778円  
    └利息:301,486円→0円

 

  • 5年間(60回払い)の場合
    └毎月の返済額:25,393円→約16,667円  
    └利息:523,606円→0円

という結果になります。

つまり、

  • 3年間(36回払い)の場合:約27,778円/月の36回払い
  • 5年間(60回払い)の場合:約16,667円/月の60回払い

を続けられる見込みのある収入や資産を持つ方であれば、任意整理することが可能です。

しかし、

  • 定職についておらず、継続的な安定収入の目途が立たない
  • 保有資産はあるが100万円以下で、かつ無職
  • 同居している家族なども同じ状態でサポートを期待できない

という方の場合には、任意整理後の借金を3年~5年間で返済できないと判断されるため、任意整理ができないのです。

こうなると、任意整理以外の借金問題を解決する方法を検討する必要があります。

カード会社が任意交渉に応じないケース

任意整理するためには、カード会社が“任意”交渉に応じることがマストです。

そのため、カード会社が交渉に応じない場合には、任意整理ができないことになります。

カード会社が任意整理に応じる義務はない

任意整理するためには、カード会社に任意交渉に応じてもらわないことには話になりません。

しかし、あくまでも“任意”の交渉であるため、本来カード会社側が任意整理に応じる義務はないわけです。

そのため、任意整理における交渉は、カード会社へお願いするスタンスになります。

では、なぜカード会社が任意整理の交渉に応じてくれるのかという理由は、「少しでも多くの借金を回収したいから」です。

もし、交渉に応じず、あなたに個人再生(裁判所に借金の大幅減額を認めてもらう債務整理)や自己破産(財産を失う代わりに裁判所に借金の免除を認めてもらう債務整理)をされてしまうと、カード会社はより大きなダメージを受けることになります。

よって、ダメージを最小限に抑えて、より多くの借金を回収するためにも、カード会社としては任意整理に応じたほうがマシなのです。

ただし、さまざまな理由で任意整理に応じないカード会社も存在します。

あなた自身に問題がある場合

先ほど、説明した通り、任意整理に応じるからには借金を返済してもらう必要があるため、そもそも返済能力がない相手の場合には、カード会社も交渉には応じません。

また、「借金をしてから1度も返済をしていない場合」や、「借金をしたばかりにも関わらずすぐに任意整理する場合」など、あなた自身に悪意が感じられるケースにおいては、カード会社の心象が悪くなっているため、任意整理に応じてくれない可能性が高いでしょう。

つまり、あからさまに信用できない相手に対しては、任意整理しても借金を返済してくれる可能性が低いので交渉に応じないというわけです。

ちなみに、任意整理をする場合には、弁護士や司法書士にお願いするのが一般的なのですが、依頼者がこのような状況だと断られる可能性もあるので注意しましょう。

カード会社側の方針で任意整理に応じない場合も

プロミスやレイク、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった大手ではなく、いわゆる「街金」などと呼ばれる中小のカード会社の中には、会社のスタンスや方針で任意整理に応じないところもあります。

このようなカード会社を相手取って交渉する場合は、任意整理に応じてもらうのが非常に困難です。

もし、応じてもらえたとしても、将来利息や遅延損害金のカットや3年~5年間の分割払いで合意できない可能性も高いでしょう。

そのため、「分割払いではなく一括払いならOK」、「遅延損害金のカットはなし」など、合意条件を妥協する必要が出てくる場合もあります。

とはいえ、任意整理にまったく応じないカード会社は、それほど多くはありません。

また、交渉が厄介な場合は、そのカード会社を除外して任意整理するという方法もあります。

裁判所を介する債務整理である個人再生や自己破産には、「債権者平等の法則」という、すべてのカード会社を平等に扱わなくてはならないルールがあり、原則としてすべての借金が債務整理の対象になります。

しかし、裁判所を介さない任意整理では整理対象の借金を自由に選べるため、厄介なカード会社だけ除外して手続きすることが可能なのです。

自分で任意整理の手続きを行うケース

任意整理の手続きは弁護士や司法書士にお願いするのが一般的ですが、自分で行うことも可能です。

しかし、この方法は任意整理に失敗するリスクが高いのでおすすめできません。

素人がカード会社と対等に交渉するのは不可能

まず、素人が金融のプロフェッショナルであるカード会社を相手取って、対等に交渉を行うことは不可能です。

素人が任意整理の交渉をカード会社に打診しても、そもそもまともに取り合ってくれない可能性が高いでしょう。

仮に任意交渉に応じてくれた場合でも、足元を見られて希望条件には到底及ばない条件で合意させられるのがオチです。

弁護士や司法書士にお願いするメリット

任意整理の手続きを弁護士や司法書士にお願いすると、カード会社に対して受任通知(あなたから任意整理の手続きを正式に代行した旨が書かれた通知書)が送付されます。

受任通知には、受け取った時点から、カード会社があなたに対して借金の取り立て行為ができなくなるという効果があり、任意整理の手続き中は借金を返済しなくてもよい点がメリットです。

そのため、「借金を返さなくては……」というプレッシャーから解放されるため、安心して任意整理に専念できるだけでなく、この期間中に返済用のお金を積み立てておくこともできます。

しかし、自分で任意整理を行った場合は受任通知を送ることはできないので、手続き中も常に取り立て行為を受け続けるため、ハッキリ言って任意整理どころではないでしょう。

次に、弁護士や司法書士にお願いした場合は、任意整理に必要な書類作成や借金の計算、カード会社との交渉をすべて任せられるため、あなた自身の負担はほとんどありません。

よって、私生活や仕事にほとんど影響なく、任意整理を行うことが可能なのです。

しかし、自分で任意整理を行った場合は、すべてあなた自身が行う必要があるためかなりの負荷がかかります。

また、書類の入力や借金の計算が正しく行われないと、手続きが進まないこともありますので大変な作業になることが予測されるでしょう。

最後に、弁護士や司法書士に任意整理の手続きをお願いした際には、基本的にカード会社との交渉、連絡窓口もそちらになります。

したがって、カード会社からの連絡や郵便物もすべて弁護士、司法書士事務所にしてもらうことが可能です。

したがって、「任意整理を家族に内緒にしたい」とお願いしておけば、最大限配慮してもらえるため家族にバレずに任意整理できる可能性が高くなります。

しかし、自分で任意整理を行った場合には、あなたの自宅に電話がかかってきたり、カード会社からの郵便物が頻繁に届いたりするので、家族に内緒にするのは不可能です。

まとめ

■任意整 理ができないケース

  • 任意整理後の借金を3年~5年間で返済できないと判断された方
  • カード会社が任意整理に応じない
    └支払い能力がない
    └カード会社からの心象が悪い

    └カード会社のスタンスや方針
  • 自分で任意整理を行った場合

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号