(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

個人再生後にクレジットカードは使えない?作れるカードはあるの?

司法書士とパラリーガル

「個人再生後にクレジットカードは使えない?」
「個人再生後に作れるクレジットカードとは?」

裁判所に申し立てすることで、借金が大幅に減らしてもらえる個人再生。

借金で生活が苦しい方でも毎月の返済負担が下げられるので、借金問題の解決に大きく近づくことができるでしょう。

しかし、こうしたメリットのある個人再生ですが、当然デメリットもあります。

特に、個人再生する多く方が気にされるのが、「クレジットカードが使えなくなるのでは?」という点についてです。

そこで今回は、個人再生後にクレジットカードがどうなってしまうのかについてと、個人再生後に作れるクレジットカードがあるのか説明します。

個人再生のメリット・デメリット

個人再生すると借金が大幅に減るメリットがある反面、デメリットもありクレジットカードにも影響を与えます。

個人再生のメリット

「個人再生」とは、裁判所に申し立てすることで借金の大幅減額を認めてもらう債務整理(借金で生活が苦しい方を法的に救済するために国が作った制度)です。

クレジットカードの借金はキャッシングだけでなく、一括払いやリボ払いといったショッピング枠の借金も個人再生の対象になります。

借金の減額率は借金額によって異なりますが、概ね1/5程度まで減額されるので、非常に大きなメリットがある債務整理といえるでしょう。

また、個人再生では「住宅ローン特則」という、借金を減額してもらいつつ、住宅ローンが残った家を手元に残せる制度の利用も可能です。

そのため、住宅ローンと借金をダブルで返済するサラリーマンの利用者が借金問題を解決するために利用するケースも多くなっています。

個人再生のクレジットカードへの影響

個人再生すると信用情報(カード会社と顧客の取引履歴や個人情報、債務整理に関する情報が記録されたもの)に事故情報として登録され、5年~10年程度の期間はカード会社(クレジットカード会社・消費者金融・銀行)から新たな借り入れができなくなります。

カード会社はクレジットカードやローン審査の際、信用情報を参照して顧客の信用を判断するため、個人再生の事故情報が載っていた場合には審査に落ちる可能性が高いでしょう。

よって、個人再生後5年~10年程度の期間は、以下のようなデメリットが発生する状態になります。

  • クレジットカードの利用と新規発行ができなくなる
  • ローンが組めなくなる(住宅ローンや自動車ローンなど)
  • 分割払い、リボ払い、ボーナス払いでの買い物ができなくなる(スマホ端末料金の分割購入もNG)
  • ETCが使えなくなる
  • クレジットカード払いの賃貸物件に住めなくなる可能性がある
  • ローンや奨学金の保証人になれなくなる

なお、この状態が世間でよく「ブラックリストに載る」状態と言われています。

個人再生するとクレジットカードは使えなくなる

個人再生すると、ブラックリストに載る影響でクレジットカードは利用できなくなるのですが、具体的にどのようなデメリットが生じるのか説明します。

個人再生の整理対象にしたクレジットカードへの影響

個人再生の対象になったクレジットカードは、カード会社に強制解約されるため利用できなくなります。

弁護士や司法書士から委任通知(個人再生の手続きをあなたから正式に代行したという通知書)がカード会社に届いた時点で、強制解約され使えなくなるでしょう。

まったく借金がないクレジットカードはどうなるのか?

信用情報は「CIC(株式会社 シー・アイ・シー)」や「JICC(日本信用情報機構)」、「KSC(全国銀行個人信用情報センター)」といった「信用情報機関」によって収集、管理されることで、カード会社と顧客が安心、安全に取り引きができるようになっています。

また、信用情報機関はお互いが保有する信用情報を独自のネットワークで共有しているため、会員であるカード会社はすべての信用情報を参照することが可能です。

そのため、まったく使っていない、もしくは借金がまったくないクレジットカードも、更新月などのタイミングで個人再生の事故情報が載っていることが発覚するため、そのクレジットカードも強制解約されます。

また、カード会社は、定期的にクレジットカード利用者の信用調査を行い、利用継続の判断をすることが法律によって義務付けられています。

さらに、カード会社は1ヶ月の貸付金額が5万円以上の方と、貸付残高が10万円以上ある方に対しては、必ず信用調査を行わなくてはなりません。

これを「途上与信」と呼びます。したがって、借金がまったくなくて個人再生の対象にならなかったクレジットカードでも、先月5万円以上使っている場合は、すぐに強制解約になる可能性が高いでしょう。

ETCカードはどうなる?

個人再生するとクレジットカードが使えなくなるので、それに付随して発行されたETCカードも使えなくなってしまいます。

そのため、当然ながらETCも利用できません。普段から車を頻繁に使う方にとって、ETCが使えなくなるのはかなりのデメリットといえるでしょう。

しかし、個人再生後でもETCが使える方法はあるので、後程紹介します。

クレジットカードのポイントは無くなるのか?

セゾンカードや楽天カードなどは、ポイントが貯まる点が大きな魅力です。

そのため、ポイントをたくさん貯めている方も多いと思います。

しかし、個人再生するとクレジットカードが強制解約されるタイミングで、同時にポイントも失効されるため注意が必要です。

したがって、クレジットカードのポイントがたくさん貯まっている方は、個人再生する前に使い切るようにしましょう。

個人再生後にクレジットカードは作れるのか?

個人再生後、再びクレジットカードが作れるようになるタイミングと注意点を説明します。

個人再生後にクレジットカードが発行できるのはいつ?

個人再生するとブラックリストに載る影響で、5年~10年程度の期間はクレジットカードの新規発行ができません。

先ほど、紹介した通り、信用情報はすべてのカード会社が参照できますので、どのカード会社のクレジットカード審査にも高確率で落ちるため新規発行は困難です。

ただし、個人再生後5年~10年程度の期間が経過すれば、信用情報から事故情報が消えるため、再びクレジットカードを発行できるようになるのでご安心ください。

個人再生の対象にしたカード会社のクレジットカードは発行できない

個人再生の対象になったカード会社には、あなたが個人再生したという事故情報が「社内ブラック情報」(カード会社が独自管理する顧客情報)として半永久的に残ります。

そのため、個人再生の対象になったカード会社が発行するクレジットカードは、今後も発行できない可能性が非常に高いでしょう。

さらに、社内ブラック情報はそのグループ会社にも共有されます。

たとえば、「りそなカード」を個人再生の対象にした場合、そのグループ会社が発行する「セゾンカード」の利用や新規発行もできなくなるわけです。

自分の信用情報を確認する方法

個人再生後5年~10年程度の期間が経過して、「そろそろクレジットカードでも作ろうか」

という際には、ご自分の信用情報から個人再生の事故情報が消えていることを確認しておくことがマストです。

クレジットカードの審査時に万が一事故情報が残っていると、当然ながら審査には通過できません。

また、それどころか、次回のクレジットカード審査にも悪影響を与えます。

ご自分の信用情報を確認したい場合は、信用情報機関に問い合わせましょう。

信用情報機関は、以下のような方法で信用情報の開示を受け付けています。

  • CIC:信用情報の開示はホームページ、郵送、窓口で受け付けており、手数料は郵送が1,000円、窓口で受け取る場合は500円です。
  • JICC:信用情報の開示はホームページで受け付けており、手数料は郵送が1,000円、窓口で受け取る場合は500円となっています。
  • KSC:窓口でのみ信用情報の開示を受け付けています。その後、郵送で自宅に届けてくれるのですが、送料として1,000円必要です。

個人再生後でも作れるクレジットカードはあるのか?

結論から言うと、個人再生後5年~10年はあなた名義のクレジットカードは発行できませんが、クレジットカードの代わりになるものであれば発行できます。

デビットカード

デビットカードとは、あなたの銀行預金からその場で代金が引き落とされる仕組みの決済手段です。

買い物などをする際、あなたの預金範囲内でクレジットカードと同じように利用できます。

デビットカードには審査がなく銀行口座のみ持っていれば誰でも作れるため、個人再生した方でも問題なく発行可能です。

そのようなことから、個人再生した方がクレジットカードの代わりに持つカードの定番となっています。

ただし、デビットカードは一括払いのみで分割払いには対応していないため、公共料金やスマホの利用料金などの引き落としには使えません。

家族カード

「家族カード」とは、クレジットカード契約者の家族に対して追加発行されるクレジットカードです。

ブラックリストの影響を受けるのは個人再生した本人だけなので、あなたの家族には影響ありません。

そのため、あなたの家族が持つクレジットカードが家族カードを発行できるものであれば、個人再生後にそれを利用することが可能です。

ただし、家族カードの利用履歴は契約者の下に集約されます。

よって、クレジットカードの利用用途が家族に丸裸になるわけです。

しかし、個人再生後はできるだけクレジットカードの利用は控えるべきなので、家族の監視下に置かれるのはむしろ好都合といえるでしょう。

ETCパーソナルカード

「ETCパーソナルカード」とは、高速道路各社が作ったクレジットカードが利用できない方でもETCが利用できるサービスになります。

毎月のETC利用額に応じたデポジット額を入金し、利用料金を別途支払うことで通常のETCカードと同じように利用可能です。

個人再生すると通常のETCカードは使えなくなりますが、ETCパーソナルカードさえ発行すればETCを利用できます。

ETC利用額に応じたデポジット額は、以下の通りです。

ただし、1ヶ月の利用額がデポジット金額の範囲を超えた場合には、次月追加でデポジットを支払う必要があるので注意しましょう。

  • 平均利用月額:5,000円 →デポジット額:20,000円
  • 平均利用月額:10,000円→デポジット額:40,000円
  • 平均利用月額:15,000円→デポジット額:60,000円
  • 平均利用月額:20,000円→デポジット額:80,000円

まとめ

  • 個人再生するとブラックリストに載る影響で5年~10年程度の期間はクレジットカードの利用と新規発行ができなくなる
  • 個人再生すると利用しているクレジットカードは、カード会社によって強制解約されるため使えなくなる
  • まったく利用していない個人再生の対象にしなかったクレジットカードも、更新月などのタイミングで利用できなくなる
  • 個人再生後5年~10年程度の期間が経過すれば、再びクレジットカードを発行できるようになる
    └ただし、個人再生の対象にしたカード会社とそのグループ会社のクレジットカードはNG
  • クレジットカードの代用品となるサービス
    └デビットカード
    └家族カード

    └ETCパーソナルカード

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号