(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

車を失わずに個人再生できる?

司法書士とパラリーガル

「車を失わずに個人再生できる?」
「個人再生すると車は失うの?」

借金問題を法的に解決する手段である債務整理の中でも、借金を大幅に減らせる個人再生は非常にメリットが高いものといえます。

個人再生すると借金は最大1/10まで減額してもらえるため、借金で生活が苦しい方にとってはまさに夢のような手段といえるのではないでしょうか。

しかし、「個人再生すると車を失うかもしれない」と思っている方が結構多く、手続きに踏み切れずにいるケースもあるようです。

確かに、普段仕事で車を使っている方にとって車を失うリスクはかなり大きいので、心配になる気持ちも理解できます。

そこで今回は、車を失わずに個人再生できるのか説明します。

個人再生すると絶対車を失うのか?

「個人再生すると車を失う」と思う方の多くは、自己破産と勘違いされているケースが多いようです。

「自己破産」とは、財産を失う代わりに裁判所に借金の免除を認めてもらう債務整理になります。

そのため、自己破産すると車を失う可能性があるのです。

では、個人再生ではどうなのでしょうか。

個人再生とは

「個人再生」とは、裁判所に申し立てすることで借金を1/5~1/10程度に減額してもらい、その残りを原則3年間で返済できれば完済扱いになる債務整理のことです。

つまり、個人再生は、「裁判所に借金の大幅な減額を認めてもらう債務整理」といえるでしょう。

個人再生しても車を失うことはない

先ほど説明した通り、自己破産すると財産を失うため20万円以上の価値がある車は失うことになります。

しかし、個人再生しても裁判所などに財産が没収されるわけではないので、原則として車を失うことはありません。

では、個人再生における財産の扱いはというと、「清算価値保証の原則」というルールに則って、借金の減額率に影響してきます。

「清算価値」とは、自己破産した方が所有する財産を清算してお金に換えた金額です。

つまり、あなたの資産を現金化した金額といえるでしょう。

清算価値保証の原則とは、「個人再生で借金を大幅に減額してあげる代わりに、最低限あなたの財産と同等額については支払ってくださいね」というルールになります。

つまり、個人再生する方が財産を持っていると借金の減額率が減る可能性はありますが、財産を失うことはありません。

したがって、個人再生しても、原則として車を失うことはないわけです。

よって、「個人再生すると車を失う」と思っている方は、自己破産と勘違いされている可能性が高いでしょう。

ただし、個人再生で車を失うケースもありますので、具体的な事例について次章で説明します。

個人再生で車を失うケース

個人再生で車を失うかどうかについては、自動車ローンの種類や返済状況が大きく影響します。

自動車ローンの種類

自動車ローンは大きく2種類あります。

1つめは、トヨタファイナンスやホンダファイナンスなどが展開している、いわゆるディーラーローンと呼ばれる「信販系の自動車ローン」です。

信販系の自動車ローンの特徴は、車を担保にローンを組む点になります。

もうひとつの自動車ローンは、銀行や信用金庫、JA(農業協同組合)などが展開する「銀行系の自動車ローン」です。

こちらは車を担保にするローンではありません。

所有権留保とは

信販系の自動車ローンを組む際には、ディーラーと結ぶ契約書の中に「所有権留保」という条項が含まれるのが一般的となっています。

「所有権留保」とは、ローンなどの売買契約で借金の返済期間中は対象物の所有権が貸主側に残るという条項です。

自動車ローンは3年~5年間という長期間に渡って借金を返済することから、貸し主側には貸し倒れのリスクが伴います。

よって、貸し主にあたるディーラーは、そのリスクヘッジとして所有権留保の条項を契約書に盛り込むわけです。

いっぽう、銀行系の自動車ローンには所有権留保がないケースが多く、車の所有権は借り主者側にあります。

自動車ローン返済中の方が個人再生するとどうなる?

自動車ローン返済中の方が個人再生すると、車は失う可能性が高いです。

信販系の自動車ローンには所有権留保が付いているケースが多いので、返済中の方が個人再生するとディーラーに車を没収され車を失う可能性が高いでしょう。

しかし、銀行系の自動車ローンなど、車の所有権をあなたが持っている場合であれば、返済中に個人再生しても車を手元に残すことができます。

つまり、個人再生で車を失うかどうかについては、車の所有権を誰が持っているのかが鍵になるわけです。

そのため、車の所有権があなた名義になっている車は、個人再生後も手元に残せる可能性が高くなります。

ちなみに、車の所有権を持つのがあなたの家族や親戚の場合も、車を手元に残すことが可能です。

個人再生で車が没収されるタイミング

個人再生で所有権留保が付いた車が回収されるタイミングは、弁護士や司法書士に手続きをお願いするタイミングです。

個人再生手続きを正式に依頼すると、弁護士や司法書士はすぐに自動車ローンを組んだディーラーなどに受任通知(あなたから個人再生の手続きを正式に代行したという通知書)を送付します。

そして、それを受け取ったディーラーが弁護士、司法書士に連絡して「所有権留保付きの車なので回収したい」旨を伝え、具体的な日程を決める運びになるのです。

後日、ディーラーは車が停めてある場所にやってきて、レッカー車などで回収していきます。

なお、回収された車はディーラーが売却して借金残額に充当するのですが、それでも自動車ローンが完済できなかった場合には、残った借金は個人再生の整理対象になります。

車の所有権が誰名義か確かめる方法

車の名義があなたやあなたの家族などになっていれば、自動車ローン返済中に個人再生しても車を失うことはありません。

そのため、自動車ローン返済中の方が個人再生する場合には、現在所有している車の所有権の名義が誰になっているのか確かめることが非常に重要です。

今乗っている車に所有権留保が付いているか確認するためには、車の「車検証」を確認しましょう。

車検証の「所有者」欄を確認して、そこにあなたやあなたの家族の名前があれば、その車には所有権留保が付いていないことになるわけです。

しかし、所有者の欄にディーラー名が記載されている場合は、所有権留保が付いているので車は没収されてしまいます。

自動車ローンの名義があなた以外の場合

個人再生の整理対象になるのは、申し立て人の借金だけが対象です。

したがって、あなたの家族の借金には適応されないため、自動車ローンの名義があなた以外の第三者になっている場合は、車を失うことはありません。

そのため、個人再生する際には、返済中の自動車ローンが誰名義になっているかについても確認しておきましょう。

信販系の自動車ローンを組む際には、ディーラーと結ぶ契約書の中に「所有権留保」という条項が含まれるのが一般的となっています。

「所有権留保」とは、ローンなどの売買契約で借金の返済期間中は対象物の所有権が貸主側に残るという条項です。

自動車ローンは3年~5年間という長期間に渡って借金を返済することから、貸し主側には貸し倒れのリスクが伴います。

よって、貸し主にあたるディーラーは、そのリスクヘッジとして所有権留保の条項を契約書に盛り込むわけです。

いっぽう、銀行系の自動車ローンには所有権留保がないケースが多く、車の所有権は借り主者側にあります。

所有権留保が付いた自動車ローンを個人再生して車を残す方法

所有権留保が付いた車を個人再生後にどうしても残したいという方のために、車を残せるかもしれない2つの方法を紹介します。

あなた以外の第三者が自動車ローンを完済する

個人再生には「債権者平等の法則」という「すべてのカード会社を平等に扱わなくてはいけない」というルールがあります。

そのため、特定のカード会社だけ優先して借金を返済する「偏頗弁済(へんぱべんさい)」といった行為が、個人再生では禁止されています。

しかし、あなた以外の第三者が代わりに借金を返済する行為は禁止されていません。

もちろんお金を貸した側としても、第三者が借金を返済してくれる申し立てをしてきた場合に、断る理由はないでしょう。

したがって、あなた以外の第三者に返済中の自動車ローンを完済してもらえれば、個人再生しても車を手元に残すことが可能です。

おそらく、信販系の自動車ローン返済中の方が個人再生後に車を手元に残す方法としては、これがもっとも確実な方法といえるでしょう。

ちなみに、もしあなたが自動車ローンだけを優先して返済したことが裁判所にバレてしまった場合には、偏頗弁済に該当するため個人再生できなくなる可能性が高くなります。

別除権協定の締結

自動車ローンを組んだディーラーと別除権協定を締結できれば、個人再生しても自動車ローン返済中の車を手元に残すことが可能です。

「別除権協定」とは、借金を返済する代わりに、車を回収しないことを合意してもらう契約になります。

ただし、この行為は本来であれば偏頗弁済に該当するため、裁判所の許可が必要です。

たとえば、自動車ローン返済中の個人タクシー運転手や長距離トラックの運転手などが個人再生すると、商売道具である車を失うことになります。

こうなると、仕事ができなくなるため借金の返済どころではなくなり、逆にディーラー側のリスクが高くなってしまうのです。

そのため、やむを得ない状況だと裁判所が判断した場合には、車を手元に残すことが許され、ディーラーと別途協議件を締結できる可能性が高くなるでしょう。

まとめ

  • 個人再生しても原則として車を失うことはない
  • 個人再生で車を失うのは、返済中の自動車ローンに所有権留保が付いている場合
  • 所有権留保が付いているのは、いわゆる「信販系の自動車ローン」と呼ばれるもの
  • 「銀行系の自動車ローン」には所有権留保が付いていないので、返済中に個人再生しても車を手元に残せる
  • 車の名義があなたになっていれば、自動車ローン返済中に個人再生しても車は残せる
  • 所有権留保が付いた自動車ローンを返済中の方でも、第三者にローンを完済してもらうか、ディーラーと別除権協定を締結すれば車を手元に残せる

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号