(相談無料)藤枝市で債務整理経験豊富な司法書士なら【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号
(駐車場あります)
運営:よつば司法書士事務所

受付時間
平日:9:00~18:00
定休日
土日・祝日
 

※予約いただければ上記外の日時も対応可能です。

お電話での無料相談はこちら
0120-567-037

メールでのご相談は24時間お気軽に!

静岡(藤枝)の過払い金請求は【静岡・藤枝】債務整理相談センターへ
無料相談・無料診断・手出し費用はゼロ!!

司法書士とパラリーガル
  • 静岡で過払い金請求に強い事務所を探している
  • 過払い金がいくらあるか無料で知りたい
  • 過払い金請求のデメリットが気にる

このような方は、お気軽に【静岡・藤枝】債務整理相談センターの無料相談・無料診断をご利用ください。

過払い金請求の経験豊富な司法書士が、リスクの無い過払い金請求をご提案します。

【静岡・藤枝】債務整理相談センターでは、静岡市・藤枝市内はもちろん、静岡県内の以下地域にお住まい、お勤めの方にも多数ご利用いただいております。

焼津市・島田市・牧之原市・掛川市・袋井市・盤田市・御前崎市・菊川市・吉田町・榛原郡

静岡(藤枝)で過払い金請求をお考えの方は【静岡・藤枝】債務整理相談センターの無料相談・無料診断を!!

運営事務所概要

運営事務所名 よつば司法書士事務所
所在地

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

代表司法書士 杉本 直人
営業時間 平日:9:00~18:00
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
電話番号 0120-567-037

過払い金請求費用

相談料(電話・メール・面談) 0円
診断 0円
初期費用 0円
着手金 0円
手続き費用 1社3万円(税別)+成功報酬 返還額の20%(税別)

お電話での無料相談はこちら‼

0120-567-037

お電話受付時間:平日:9:00~18:00

メールでの無料相談は24時間お気軽にご利用ください‼

当センターで過払い金請求をご依頼頂いた方の声

無料診断がよかった

静岡県藤枝市在住(40代男性)
過払い金請求の相談者

過払い金請求を依頼しても過払い金が無くて費用だけが発生したら嫌だなと思い躊躇していました。しかし、【静岡・藤枝】債務整理相談センターさんは、事前に無料診断をして、過払い金が発生していることをしっかりと確認できたので、リスク無く依頼できたことが良かったです。

親身に相談にのってもらえました

静岡県静岡市在住(50代女性)
過払い金請求の相談者

過払い金はCMで流れていたので気になっていたのですが、弁護士や司法書士というと敷居の高いイメージでした。電話の相談の時も、藤枝の事務所で相談した時も、優しく相談に応じてもらえ安心しました。過払い金請求で借金がゼロになったので、もっと早く相談すれば良かったと思いました。

 【静岡・藤沢】債務整理相談センターで過払い金請求する流れ

無料相談 

スマホ

まずは、お電話またはメールの無料相談からお問い合わせください。

「司法書士事務所は敷居が高い…」

「些細なことを質問・相談しても大丈夫?」

といったご相談者様のお気持ちは、これまでのご相談の経験からよくわかっています。

あまり深くお考えにならずに、「過払い金請求の無料相談を希望」とお伝えいただければ大丈夫です。

面談風景

お電話・メールでのやり取りの後、藤枝の当相談センターにご来所いただき、面談を行います。

もちろん、面談費用等は一切かかりません。

過払い金があるのかどうかや、いくら戻ってくるのかを調査するためには、過去の借り入れのご利用状況を整理する必要がございますので、

『どこから(クレジットカード会社、または消費者金融)』

『いつ頃から(カードを利用しているおよその期間)』

借り入れをしていたのかお伝えください。(明細などが残っていなくても問題ありません。)

過払い金の調査

虫眼鏡

過払い金請求をするには、過払い金がいくら発生しているのか調査するところから始まります。

まずは当センターからカード会社(クレジットカード会社・消費者金融)へ取引履歴の開示を請求します。

取り寄せた取引履歴に基づいて引き直し計算を行い、過払い金額を算出します。

ご依頼

電卓を持った司法書士

調査によって算出された過払い金額を、ご相談者様に提示させて頂きますので、ご納得頂けましたら過払い金請求をご依頼下さい。

過払い金請求をするための委任状や関係書類にご署名・ご捺印をいただき、ご依頼は完了です。

和解交渉

裁判所

当センターの司法書士からカード会社に対して過払い金の返還請求を行います。

カード会社から出される和解案に応じる場合は和解、応じない場合は裁判手続きを行います。

過払い金回収

お金

カード会社から回収した過払い金は、当センターの銀行口座に振り込まれますので、ご依頼費用を差し引いた金額をお渡しさせて頂きます。

過払い金請求のご依頼から実際に返還されるまでの期間の目安は、

  • 示談の場合:約3~6ヶ月
  • 裁判の場合:約6~12ヶ月

となります。

過払い金が戻ってくる仕組み

過払い金請求とは、「過去に払い過ぎていた利息」をカード会社から取り戻す手続きのことです。

利息の払い過ぎ…?

大体の金利は法律で決まっているんじゃないの?

と思った方もいらっしゃるでしょう。

実際に、金利の上限は法律で決まっており、法外に高い金利ではカード会社は貸付できないことになっています。

では、どうして利息の払い過ぎが起こるのか、過払い金が戻ってくる仕組みについて詳しく解説します。

過払い金請求とは?

過払い金請求とは、利息制限法の上限金利を超える高金利で借金を返済していた方が、払い過ぎた利息を取り戻す手続きのことです。

過払い金請求の対象になるのは、2008年頃以前にクレジットカード会社のキャッシングまたは消費者金融から借金をしていた方のみです。

銀行からの借り入れや、最近の借金は対象になりませんのでご注意ください。

2008年頃以前は、ほとんどのカード会社が利息制限法の上限金利を超える高金利で貸付を行なっていました。

しかし、2006年の最高裁判決により、こうした高金利を無効とする判決が出されました。

以降、カード会社の金利は利息制限法の上限金利以下におさまっていき、過去に高金利で払い過ぎた利息が取り戻せるようになったのです。

ではなぜ、2006年以前はこうした高金利による貸付が可能だったのでしょうか?

次から詳しく解説します。

金利はどのように決まる?

借金の金利は法律によって上限が決まっています。

あまりに高すぎる金利では、借金する方々がみんな返済できなくなってしまいますよね。

この金利について定めた法律が2つあります。

それが「出資法」と「利息制限法」です。

現在では、2つの法律で上限金利が統一されています。

しかし、以下のように、2010年までは上限金利がバラバラに設定されていました。

「出資法」の上限金利

  • 一律29.2%

「利息制限法」の上限金利

  • 借金額10万円未満で20%
  • 借金額100万円未満で18%
  • 借金額100万円以上で15%

となっていました。

グレーゾーン金利が無効で過払い金請求が可能に

これらの金利の間に「グレーゾーン」があります。

当時は、利息制限法に違反していても罰則規定がなかったため、カード会社はみな利息制限法の上限(15%〜20%)以上の金利で貸付を行っていました。

この「利息制限法」には反するが「出資法」違反ではない金利のことを「グレーゾーン金利」と言います。

しかし、2006年の最高裁判決で「グレーゾーン金利」が無効と判断されてからは、「グレーゾーン金利」で借りて返済をしていた利息は、「払い過ぎた利息」とみなすことができるようになりました。

利息上限法に照らし合わせて正確な利息額を再計算することで、払い過ぎていた分はカード会社に返還請求ができるようになったのです。

これが「過払い金請求」の仕組みです。

過払い金と回収率

わかりやすいように、具体的な数字を入れて考えてみます。

例えば、消費者金融から年利22%で100万円の借金をしていた場合、年間の利息支払いは22万円です。

一方、利息上限法では年利15%が上限と定められているので、再計算を行うと、年間の利息支払いは15万円で済むはずです。

消費者金融に対して過払い金請求をすれば、この差額の7万円が返還されます。

これは1年間分の利息なので、長年返済を続けていた場合は、もっと利息の支払いは多くなりますので、返還される利息も多くなります。

ただし、「7万円のうち何%を返還する」とカード会社が和解提案をしてくるかはわかりません。

これは「回収率」と呼ばれ、カード会社によりおおむね80%〜90%くらいで提示されることが一般的です。

さらに裁判に進んだ場合は、100%返還される可能性があります。

過払い金の計算は複雑で、正確に計算をしなければ過払い金の返還請求に応じないカード会社もあります。

当センターでは過払い金請求の調査までは無料で行なっておりますので、ぜひ当センターの司法書士へ過払い金のご相談をされることをおすすめいたします。

過払い金請求ができる人・できない人は?

過払い金請求は、誰でもできるわけではありません。

借金をした年や借入先などにより、過払い金請求の対象者はある程度決まっています。

ここでは、過払い金請求ができるケース、できないケースについてお伝えします。

過払い金請求の対象者

過払い金請求の対象となるのは、以下の条件を満たしている方です。

  • 2008頃以前から借金をしている
  • 消費者金融またはクレジットカードのキャッシングを利用していた(銀行は×)

また、借金をすでに完済している方なら、

  • 2010年以降に借金を完済している

必要があります。

それぞれの条件について、詳しく見ていきましょう。

2008年頃までの借金が対象

2006年の最高裁判決を受けて、各カード会社は上限金利を是正していきました。

カード会社による金利の是正が終わったのが、大体2008年頃までです。

カード会社は2008年頃以降、「利息制限法」の上限内で貸付を行うようになりました。

そのため、以降の借金は、是正後の金利で借りているので、過払い金は発生しません。

つまり、過払い金請求ができるのは、2008年頃までに借金をしていた方のみということです。

銀行からの借り入れは過払い金請求の対象外

過払い金請求の対象となる借金は、消費者金融からの借り入れまたはクレジットカードのキャッシングを利用分のみです。

銀行からの借り入れやクレジットカードのショッピング利用分は過払い金請求の対象外となりますので、注意してください。

過払い金請求ができるのは、アコム・アイフル・レイク・プロミスなどの消費者金融、OMC・ニコス・イオン・セゾン・ジャックスなどのクレジットカード会社です。

ただし、モビットやアットローンなど元々金利が低い設定の消費者金融では、過払い金が発生しない可能性があるので、注意しましょう。

過払い金請求には時効がある

また、過払い金請求には「完済後10年間」という時効があります。

時効が過ぎれば、たとえ過去に過払い金が発生していても、返還請求をすることができなくなりますので、注意してください。

2010年頃までに借金を完済している方は、時効が迫っている可能性があります。

該当される方は、なるべくお早めに司法書士・弁護士にご相談ください。

時効の他にも、借金をした会社がすでに倒産していた場合は過払い金請求ができません。

「自分にも過払い金があるかも」と思われる方は、過払い金の調査だけでも早めに司法書士・弁護士へご相談されることをおすすめいたします。

過払い金請求にデメリットはあるの?

焦る司法書士

これまで支払った分のお金が戻ってくるかもしれない「過払い金請求」。

依頼すれば司法書士・弁護士費用はかかるものの、トータルで見れば得をするケースが多いでしょう。

メリットしかないように見える「過払い金請求」にも、デメリットはあるのでしょうか?

実は、過払い金請求にも少しだけデメリットがあります。

過払い金請求のデメリットは以下の点です。

  • ブラックリストに載る可能性がある
  • 過払い金請求をしたカード会社から借金ができなくなる

これから詳しく説明します。

任意整理になる場合はブラックリスト入り

先ほどもお伝えした通り、借金を完済している場合や、返済中でも過払い金で借金を相殺できて少しでもお金が戻ってくるという場合は、通常の「過払い金請求」だけで「任意整理」をする必要はありません。

ですから、ブラックリストにも載りません。

一方、借金を返済中で、過払い金をそのカード会社の返済に充てても借金が残るという場合には、「任意整理」も一緒に行わなければなりません。

任意整理を行うと、事故情報が登録され、ブラックリスト入りしてしまいます。

まとめると、

「完済」または「借金を過払い金で相殺できる」→ブラックリスト入りしない

「借金を過払い金で相殺できない」→ブラックリスト入りする

と覚えておきましょう。

任意整理の場合、ブラックリスト入りする期間は、約5年間です。

任意整理を伴う過払い金請求を行うと、約5年間は新規の借り入れやクレジットカードの利用ができなくなってしまいます。

過払い金請求をした会社から借金はできない

過払い金請求を行うと、そのカード会社とは2度と取引ができなくなります。

これは、カード会社独自の「社内ブラックリスト」に登録されてしまうからです。

社内ブラックリストは、社内だけのもので、通常の「ブラックリスト」とは異なり、他のカード会社に共有されることはありません。

ですから、その他のカード会社からはまた借金をしたり、クレジットカードを利用したりすることはできます。

しかし、「社内ブラックリスト」は一度載ると、解消されることはありません。

そのため、そのカード会社からは2度と借金ができなくなります。

無料相談フォーム

お電話での無料相談こちら

0120-567-037

(例:山田 太郎)
姓のみでも大丈夫です。

(例:静岡県)
※現在お住まいの都道府県をご記載ください。

必須

(例:sample@sample.jp)

必須

(例:080-1234-5678)
※電話相談ご希望の際はご記載ください。

※住宅ローンは除いたカードの借金でおよそどのくらいの金額があるかをご選択ください。

※お待ちのキャッシング機能のあるカード(クレジットカード・消費者金融・銀行)の枚数をご選択ください。

※債務整理後に借金の返済においくらご用意できるかをご選択ください。
※自己破産をご希望の方は白紙で問題ございません。

※現在の借金状況や返済が遅れている旨などご自由にご記載ください。

テキストを入力してください

※次の画面が出るまで、4〜5秒かかりますので、
続けて2回押さないようにお願いいたします。

【静岡・藤沢】債務整理相談センター(よつば司法書士事務所)の所在地

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

債務整理のことなら【静岡・藤枝】債務整理相談センターにお任せを!

電話する女性

お電話でのご相談はこちら

0120-567-037

お問合せ・ご相談は、お電話またはフォームにて受け付けております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

■受付時間:平日:9:00~18:00
■定休日:土日・祝日

※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

【静岡・藤枝】債務整理相談センター
運営:よつば司法書士事務所
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号

無料相談はこちら

よつば司法書士事務所概観
よつば司法書士事務所概観

ご相談はお気軽にどうぞ

0120-567-037

Menu

【静岡・藤枝】債務整理相談センター

事務所前
お電話でのお問い合わせ
0120-567-037
メール問い合わせ
運営事務所

よつば司法書士事務所

住所

〒426-0061
静岡県藤枝市田沼3丁目26番地1号